東京のクリニックで受けたコンデンスリッチ豊胸の経過

いつも体型カバーのことばかり考えてしまう

下半身が大きく、胸が小さい貧弱な体つきなので、おしゃれが大好きなのですが好きな洋服を選ぶことができず、いつも体型カバーのことばかり考えてしまうことに嫌気がさして、豊胸をしたいと思うようになりました。
カウンセリングでは、いくつかのクリニックを回りましたが、東京都内にある評判が良くて、自宅からのアクセスも良いところを選びました。
口コミでの評判が良かったクリニックの中から、実際にカウンセリングを受けたときに話しやすかったことと、説明が丁寧で提案にも納得できたところを選ぶことができました。
太ももの脂肪吸引とコンデンスリッチ豊胸を同時に行うというもので、自分のコンプレックスから卒業できそうで怖さよりも、期待の方が高かったです。
手術日の予約を入れてからは、待ち遠しい感じだったのですが、いざ当日になるとさすがに緊張しました。
初めに吸引をするところにマジックでしるしを付けていき、点滴で麻酔をしてもらいました。
ここまでは緊張が高まっていましたが、麻酔をするとぼんやりとした感じになって、リラックス状態になり気付いたときには終わっていたという感じです。
痛みも怖さも手術中に感じることは無かったので、もし次に受けることがあっても怖くはないと思います。
休憩室でしばらく横になって休んだ後、その日のうちに帰ることができました。

性転換手術/豊胸手術 2日目
胸のドレーンと点滴が外れました。

胸のドレーンは外す時に痛みがありましたが、点滴はさっと外せて楽になりました。

少しまだ熱っぽいけど、朝はゼリー昼はコーンスープを食べました。

— van (@van0129) January 6, 2021

いつも体型カバーのことばかり考えてしまうダウンタイムについて少し体重を増やすくらいの方が良い